種類によって異なる!月額費用で選ぶ

水の種類によって料金が異なる

ウォーターサーバーを導入するときに注意するポイントとして、種類ごとに価格が違うということがあげられます。最も大きなポイントとしてはサーバーで使用している水の種類です。水の種類によっては価格が大幅に異なる為、月額使用料からサーバーを選ぶ場合には、あらかじめサーバーでどんな水を取り扱っているのかを確認してから導入することが必要です。水によっては人工的に栄養素をプラスしている為、天然水を選ぶのか、人工的な水を選ぶのかは、好みによって異なります。天然水か人工的な水かによって料金が異なる所が多い為、あらかじめホームページで料金設定を確認してから選ぶことで、好みの水のサーバーを快適に使うことができるでしょう。

サーバーレンタル料やメンテナンス料金の確認も忘れずに

一般的にウォーターサーバーの料金を決めるポイントは水の料金・送料・サーバーレンタル料・電気代・メンテナンス料金となっています。水の料金は好みによって異なりますが、サーバーレンタル料・メンテナンス料金がどれくらいかかるのかをあらかじめ確認してから申し込むと、月額費用を安くすることができるでしょう。 コストパフォーマンスの良いサーバーの場合、月額使用料が無料となっているところもあります。また、メンテナンス料金は初年度の費用だけなのか、1年に1回メンテナンスするための料金となるのかによって、料金設定が異なるため、事前に確認する事は必要です。また、メンテナンス料金はかからなくても、毎月サーバーの水ボトル2個以上使用することが必須となっている場合もある為、よくホームページを確認してから申し込んでください。

水宅配は、事業者だけでなく一般家庭も対象としており、定額制で希望に合う天然水やRO水を手配できるサービスとして全国規模で普及しつつあります。