風味が違う!水の種類で選ぶ

RO水の特徴を知りましょう

ウォーターサーバーを選ぶときにはお水の種類に注目することが大切です。ウォーターサーバーで使われるお水は大きく分けると2種類あります。1つはRO水であり、もう1つは天然水です。RO水というのは水道水などの原水を逆浸透膜と呼ばれる専用フィルターでろ過した水のことをいいます。この専用フィルターは非常に細かいフィルターのため、不純物が十分に取り除かれています。RO水の中には不純物だけでなくミネラルも取り除いたものもあれば、後からミネラルを加えたものもあります。健康のためにミネラルをきちんと摂取したい人には後者がいいかもしれません。いずれにせよ、安全性をもっとも重視している人はRO水があっているかもしれません。

天然水の特徴を知りましょう

ウォーターサーバーのお水にはRO水以外に天然水というものもあります。これはペットボトル飲料ですでにおなじみになっていますが、地下の深い採水地から採って、沈殿やろ過などを行って飲用できる状態まで不純物を取り除いたお水のことです。企業によっては加熱殺菌処理を行っているところもあります。いずれにせよ、天然のミネラルが含まれた状態で、なおかつ安全性も担保されたお水です。 ウォーターサーバーを提供している企業の中には天然水の種類にこだわっているところもあります。たとえば、富士山の天然水であればバナジウムというミネラルが豊富なため健康増進効果が高いといわれています。さらに、京都のお水であれば軟水で飲みやすいという特徴があります。ウォーターサーバーを選ぶときにはRO水と天然水の特徴を把握した上で選ぶことをおすすめします。

宅配水は、口あたりや含有成分、純度など色々な点にこだわりが見られる天然水を選べるといった特徴があります。